忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自称バグ中級者

防具のレベルを上げると技を覚えたり、属性耐性が上がったりするコモンEv(内部処理だけ)がやっと完成しましたっ。
あとは何レベルまで上げればこれを覚えるよ、ってのを表示させれば、とりあえず終わりだな。
でも、次はどういう技を覚えさせるかとかを考えなくてはいけないから、まだ完成ではないか。
でも、ここからは楽しいですよね。テストプレイでちゃんと遊びながらできますからね。

基本的な仕組みを作っている段階って非常に詰まらないですよね。
このUDBをこのCDBにうつして、次はこのcselfにうつして、また別のコモンEvでそれを反映して……。
何かwebラジオでも聴きながらでもないとモチベーション保てないよね。
でも「ながら」だとどっちにも集中できず、なかなか作業は進まず、webラジオも二回以上同じやつを聞くとかになっちゃって、効率が良いとは言えませんよね……。
混乱してきたらお風呂入って、お風呂で考えを整理します。最近はこれが一番良いな、と思うようになった。
でも、非常に混乱してきている状態だと動きたくもなくなります。トイレにも行けなくなります。
まあ最近はそこまで混乱することは減りました。
今回なんてテストプレイでエラーが出たのは2,3回だけで、それもけっこうすぐ直せたし、順調でした。
2,3回を少ないと胸張っていいのかどうかは知らないけどさ。

やっぱりデバック文を活用するようになったのが大きいかな。
常識かも知れないけれど、一応、デバック文の使用例を書いておきます。
例えばエラーが出た行の周辺で使ってる変数をデバック文に書いてみる。
「\cself[10]の\cself[44]が\cself[54]だよ」という風に。
それからもう一度そのエラーを発生させれば、この変数が間違ってるんだなと分かるときがある。

どうしても使用する変数を間違えることとかありますよね。
1600040にするつもりが間違えて40に設定してて、そりゃどれだけ変数を変えても攻撃力40のままだろ!変数使ってないじゃん!みたいなことも稀によくあるよね。

バグは慣れるしかないよね。
一回で全部上手く行くことなんてありえないもん。ありえないよね?
そんな人いないよね? いるのかな……。

拍手[0回]

PR