忍者ブログ

眠くてタイトル書くの忘れたよ

お店イベント、何か忘れていると思ったら、装備可能かどうか書いてないじゃん。
これは基本システムさまの真似をするだけで良さそうだが……ああ、めんどくせー。

いや、でも楽しいですよ。
いっぱいめんどくさいことが片付いてきたので、久しぶりに、ゆっくりと誤字脱字がないか確かめつつ(と言うのは詭弁で本当はただ自分が書いた文章を楽しみたいだけ。うわ、なにこのナルシー。気持ち悪いな)テストプレイできました。
実は、自分で遊ぶことが一番楽しみだったりする。
他の人はどうなんだろ……。やっぱ変かな……。

ようやくちゃんとストーリーの続きが書けそうで楽しいです。

てか先ずは宿題だ。宿題……。
というか眠い。寒い。寒すぎ。眠い。
ああ、めんどくさ。 大好きなんですよね、こういう言葉。
面倒くさいとか眠いとか寒いとか疲れたとか……暗すぎてあんまり言ってると怒られちゃうような言葉とか。
文句言うの大好きです。
だって文句言うと、他人が困るんですよ?
自分が抱えてる問題で、他人が困ってくれるんですよ?
文句って素晴らしいよね。言われる人にとっては、すっごく迷惑だが。
いいじゃん。文句言い合おうぜ。でも陰口は好きじゃない。文句と悪口は違います。たぶん違う。とりあえずknegiさんの薄い脳内辞書には違う意味で書かれている。でもさ、陰口だからって毛嫌いしちゃいけないとも思う。好き嫌いはやっぱり良くないと思う。成長しない。

う、うーん……それにしても、これって完璧に泣き虫の思考回路だねー。
でもknegiさんは弱い人間であることに誇りを持っているのだぜ。
弱い人間は弱い人間のことを分かってあげられ……はしないが……でも、分かってあげようとする気持ちは……いや、それもどうだろ……ていうか分かったとしても、弱い人間は他人を助けられないし……というかそもそも、弱い人間は他人のことなんてどうでも……え、いや、お、おおう?

あ。ごめん。これは眠いんですね。駄目だ。眠すぎる。寒い。

拍手[0回]

PR