忍者ブログ

久しぶりに

時間と言えば、カレユメって実は早朝/朝/昼/夕方/夜/深夜でNPCの配置が変わったりするようにしてたんですよね。
あとあの特殊すぎて意味不明なエンカウントシステムも、時間がけっこう関係してたりしたんだよなー。

ということで、久しぶりに我が輝かしくないデビュー作カレユメで遊んでました。
いや、完成しなかった物をデビュー作と言っていいのだろうか……。
すごく懐かしい。
エターなってからも何度か暇潰しにテストプレイして、その度に、恥ずかしいゲームだなーと思って悲しくなってたのだが、もう時間が経ちすぎてそう思わなくなってしまったようです。

なんか頑張ってたなーって思った。
街が無駄に広いことにびっくりした。
町人の台詞が無駄にどんどん変わる。
木の実が無駄に落ちてる(全部で99個)。
隠し宝箱とか置いてやがる。しかも開けてから何度も調べると無駄に笑える。何だよこれ。
まあ頑張りすぎてダメになっちゃったのだが……。
アホだろ。アホすぎるっ。

そして何かなかなかの迷台詞があった。
町人に優しくしたりするとバンソーコという回復アイテムをもらえるのですが、
その後にまた話しかけたりすると、
「バンソーコもらったからって、いい気にならないでください」
と言ってくる人が何人かいました。
なんかその町で流行ってる言葉なんだろうか……。

しかし、色々と不親切なゲームですね。
けっこうすぐゲームオーバーになるなー。


それにしても、あの頃からあんまり成長していない自分が嫌になるな。
ていうか逆か? ダメになってる部分もあるんじゃないのか?

拍手[0回]

PR