忍者ブログ

イグノラントナナコ

こたつさんのイグノラントメイガスの感想です。
未プレイの方は読まないでください。むっちゃネタネタバレバレです。
まだやっと隠しダンジョンに辿り着いたと思ったら、いきなり雑魚敵にぶっ倒されて、アーアー…アレー?ウソダロー!って状態ですが、とりあえずエンディングまでは行きました! プレイ時間7時間47分5秒でした。

エンディングを見た感想。
おい、賢者さん。未来のことをどこまで分かってたかは知りませんが、どうせあんなのが復活しようとしてることも分かってたんだろう! それ片付けてからゾンビになっても良かったんじゃねえの!? って非常にツッコミたくなりました。
まあ、結果オーライだし、賢者さん一人では無理だったのかもしれないけどさっ。
なんだか賢者さんに良いように遊ばれた気がする。
無知になりたかった賢者に利用される話……タイトルはそういう意味ですねっ!

幼馴染ルートで終わりましたが、五人分あるんでしょうか。
全員分見てみたんですが、クリア後は好感度変動しませんよね? 一からやりなおすしかないんですか……!

では、とりあえずバグ報告をっ。

左の画像は見てすぐ分かると思いますが、ノノが二人います。ノノを先頭にしてしまって所為ですね。他の場所でも同じことあったっけ、どうだっけ……うーん、思い出せない。
右の画像はよく見ないと分かりませんが、ノノのツインテールが樹を貫通?しています。ノノを先頭にしてしまった所為ですね。
ノノばっかり使ってるロリコンと勘違いされそうなので説明しますが、隊列をじっくり考えた結果こうなってしまったのであって、別にやましいことは何も!
まあ、どっちも大したバグじゃないですが、一応報告を。



とにかく今回は戦闘が素晴らしいな、と思いました。
きっと難易度高すぎて泣いちゃう人もいるんじゃないかと思いますが、自分にとっては丁度良いです!
雑魚戦は、一部ダンジョンでは同じ敵と何度も戦うことになってしまって、メンドクセーって思うこともありましたが……ボスは楽しかったです!
紋章と持たせるアイテム考えるのが楽しかったです(そいえば紋章ともちものって幻想○滸伝を思い出すなぁ……懐かしい)。
こたつさんのRPGはいつも装備考えるのが楽しいですが、今回は数が多い分より楽しめた気がします。
複雑すぎず、色んな戦い方を考える楽しさがあって……自分は複雑すぎると言われてしまうので見習わなくては!

陣形もとても良いシステムだと思いましたが、前衛枠と後衛枠が固定されてるので、先頭歩かせるメンバーを自由に選べなくなってしまうところは不便だなと感じました。
ノノの後ろに隠れるマグナ(主人公)って格好悪いじゃん!(そいえば、体験版ではそういう選択肢があった気が……。あ、そいえば、メニューの????って陣形だったんですね!)

あと砂漠の入り口で手に入るアタックウォールが、まさに砂漠で使ってくださいって感じの陣形で素晴らしかった。
ウディフェスのコメントの方に書かれてる方がいましたが、本当にアイテムとか手に入るタイミングが抜群でしたね。
以降、アタックウォールは雑魚敵から逃げるための陣形になって、なにがアタックウォールだよって感じの使い方になってしまいましたが……(笑)

ただ、僕だけかもしれませんが、椎間板さんと戦ってから、ずっと同じような作戦でクリアしてしまいました。
先ずマグナをわざと死なせる(ごめんなさい)。
ロアでマグナを生き返らせる。HPが赤くなるように、わざと弱めの蘇生魔法で。
あとは誰かにミラージュかけさせたり、SP回復アイテム使いながらHP真っ赤のマグナに攻撃させる、マグナがやられたらまたロアに生き返らせるっていうことを繰り返してました。真のゾンビはマグナだった。

マグナ<俺がゾンビだ!

マグナ以外の三人が生き残るために色々工夫は必要でしたが、防御中のロアがむっちゃ硬いし、SP多いナナコを補助役にするとすごく安定するし、ボス戦はずっとこの作戦でした。
もう一人は気分でテキトーに選んでたけど、結局ノノをボス戦で採用したことはなかったなー。
良いのかな、そんな戦い方で……。もうちょっと色々試してみるべきだったかなー。ずっとマグナ以外は攻撃してなかったなー。
パーティが強制的に分かれちゃうとこは全然違う戦い方を考える必要があって楽しかったですけどね!

ダンジョンの仕掛けも楽しかったです。
ちょっと考えさせる感じが丁度良かった。
時計の針がヒントのヤツは、全くヒントがあることに気づかず、適当に置いたら一発でクリアしてしまうっていう奇跡が起きてしまったせいで「何だこれ?」って思ってしまいましたが、それは自分の所為ですねっ。
あと遺跡の目玉だけはすごくすごくうざかったです! あれ倒せませんか? 倒したいんですけど!



えーっと、さて、それではストーリーについて!
先ず自分の気持ちから話すと、この作品はこのままで終わらせてしまうのは勿体無いって思ってしまいました!
きっと色んなことを考えて変更したと思うのですが、前のほうが良かったと思ってしまうところが多々ありました。

ナナコとの出会いは前のほうが色々インパクトがあって良かったと思います。怖かったけど。
墓から出てくる方が説得力があった気がします。死んでたって分かりやすくて良かった。
あと賢者に会いに行く理由も宝の地図より、死の刻印の方が「先が気になる話」になった気がします。
何か理由があると思いますが……その二つは前のほうが良かったなと思ってしまいました。

あと顔グラ! どうしてなくなったんでしょうか? あんな可愛かったのに! ナナコの絵も!

敵キャラが魅力的だったのは良かったと思います。
ですが、各キャラの過去とかをもう少し知れたら良かったなと思いました。
特にマグナ、コノハ、とポルカ。
コノハ可愛いんだけど、若干存在感が薄かったような気が……!

そいえば、体験版で助けてくれた人ってロアのお兄さんだったんですね。
なんかいきなり仲間になりましたが、隠しダンジョンで何かイベントあるんでしょうか。
アンリのレベルがやたら高い理由も気になる……。
とりあえず、隠しダンジョン終わったらまた感想書きますねっ!



そして、関係ない話ですが、この作品で初めて椎間板なんちゃらという病を知りました。
その数日後、親戚がそれになりました。
なんだろう、この偶然……!

母が携帯忘れて「地震来たら私の携帯も持っておいてね」みたいなことを言って、本当にその日に地震が来たっていう偶然もありました。
なんなんだろう。
言葉って未来を変えてしまうんじゃないか……って思うときってあるよね!

拍手[1回]

PR