忍者ブログ

うん

拍手ありがとうございます。
なるほど、そうですか。多くの人がそう思うものなんですね。
多少の差があっても、それを自分と同じだと思わせる魔力があるんですね。
それが一人称形式というヤツですからね。

関係ないけど、最初嫌いだった判さんが、なんかだんだん好きになってきた。
声が聞きたくてたまらない。
こういうおじさんorおばさんの説明台詞って大好きです。リアルでも。
なんか声が胸の中で響くような感覚が、言葉通りに、物理的な意味で、ありますよね。ないですか?
この現象ってなにか名前があるんでしょうか。

バイトですか。
そうですよ。大きなお世話ですよ。
自分は昔はバイトしてたんですよ。
過去の栄光ですけどなにか問題でもありますかー。

うーん。うん。うん。

拍手[0回]

PR